前へ
次へ

読み聞かせの量によって読書への興味が変わる

子どもがまだ文字を読めないときには読み聞かせなどをするかもしれません。
絵本の絵を見せながら読み聞かせを行うと子供はその内容に興味を持ち始めます。
昼寝などの時にスムーズに寝させるために行うこともありますが、内容をしっかり覚えさせたり遊びの一貫として行うときもあります。
読み聞かせをする時期としては小学校に入る前までが多く、ある程度文字が読めるようになったら自分で読めるようにするときもあるようです。
読み聞かせをしようとするとその分絵本も必要になるのであまりたくさんの絵本を用いての読み聞かせが難しい時もありますが、子供の教育を考えるとどんどん行った方がいい時もあります。
たくさんの絵本の読み聞かせを行っていると、将来的に自分から本を読んだりする可能性が高くなるようです。
さらに色々な教科の理解度もアップするときがあります。
子供もただ聞いているだけではなく、聞くことで想像力を働かせたりするためかもしれません。

Page Top